老後の資金大丈夫ですか?xxx

日本経済が音をたてて崩れはじめようとしている今、私たちの生活は脅かされています。これまでは、当たり前のように働いてもらった給与から税金を払い、定年を迎えれば安心した老後を迎えれらると信じられてきました。しかし、一昨年の厚生年金基金の代行われ問題を皮切りに、次々と浮き彫りになる年金のトラブルに、私たちは唖然とするばかりでした。

日本の公的年金の制度は、戦時中に成立しました。当時は働き手に比べて老人は少ないという構図だったため、働く世代が納めた年金で老人の生活を支えるというシステムでも、十分成立していました。しかし、今は少子高齢化がすすみ、このままの年金制度では、老後の生活を支えることは難しくなっているのです。

早急に、年金問題の対策をとってもらいたい私たちの気持ちとは裏腹に、解決策はなかなかないまま今にいたっています。そもそも、老後に必要な資金はいくらなのでしょうか?それは、およそ3000万円と言われています。しかし、この価格も現代の物価で計算したもので、将来的にはもっと高額の老後資金が必要になるでしょう。

一生懸命これまで働いてきた自分や支えてくれた家族のために、老後はゆったりとした時間を過ごしたいものですね。

Posted in 老後の生活 | No Comments » | 

老後の生活は赤字生活?xxx

現代人にとっての最大の課題は老後の人生をどう過ごすか、ではないでしょうか?社会保障制度も先行きが不安な状態が続いており、なおかつ高齢化社会が進んでいます。高齢化というと、自分たちの寿命も長引くことになりますので、その時の備えを働いている内に蓄えておかねばなりません。それを考えると、残された時間は限られています。

老後不安を抱える現代人は、一体どのくらいの老後資金を用意しておけば良いのでしょうか?

その家庭環境や暮らし方、価値観などによって異なりますし、社会保障制度がどのように変わっているかも不透明ですので一概にいくら、ということはありませんが、平成24年度の総務省統計局による家計調査に基づいて考えると世帯主60歳以上の無職世帯の毎月の支出は平均約22万円となっています。その他に公的年金などの社会保障給付が15万円となっていますので、マイナス7万円となっています。

今の社会保障制度であっても7万円ですので、これから高齢者がさらに増えていくとなると、7万円以上は最低限蓄えておかねばならなくなります。65歳を越えてからこのマイナスを補填する稼ぎをするとなると、大きな負担になります。

老後不安を解消するうえでも、若いうちから備えておかねばならないのです。

老後不安を抱えるあなたに最適なwebサイトがオープンしました。
Money Concierge Japan 年金メディア

Posted in 投資・財テク | No Comments » | 

長期投資を始めて見ようと考えている人もいらっしゃるでしょう。

特に20代や30代などの若い世代の人にとっては、将来的に公的年金をもらえるかどうかも分かりません。

若いうちから資産を形成する手法として、長期投資があるのですが、始める場合にはどのような考え方を持っておく必要があるのでしょうか。

長期投資で必要な考え方は、非常にシンプルで目標を持つことです。つまり投資の場合においてはいくらの資産を作るべきかということです。

いくら必要なのかというと、生命保険文化センターによると、老後に夫婦二人でゆとりある生活を営む為には、月約37万円必要なとなります。

月37万円だと仮に定年後に25年間生きたと仮定すると、37万円×12ヶ月×25年で約1億円が必要となります。

ゆとりある老後を送りたいのであれば、この金額を目安として長期投資を始めると良いでしょう。

なぜ目標が大切なのかというと、欲が出てしまうからです。1億円の資産が出来たらきっちりと辞めるようにしましょう。

理由は資産が大きくなると、その分の損失も大きくなるからです。こういった理由から、長期投資を始める場合は、いくらの金額を目標するのかという点を考え方として持っておきましょう。

Posted in 投資・財テク | No Comments » |