長期投資を始めて見ようと考えている人もいらっしゃるでしょう。

特に20代や30代などの若い世代の人にとっては、将来的に公的年金をもらえるかどうかも分かりません。

若いうちから資産を形成する手法として、長期投資があるのですが、始める場合にはどのような考え方を持っておく必要があるのでしょうか。

長期投資で必要な考え方は、非常にシンプルで目標を持つことです。つまり投資の場合においてはいくらの資産を作るべきかということです。

いくら必要なのかというと、生命保険文化センターによると、老後に夫婦二人でゆとりある生活を営む為には、月約37万円必要なとなります。

月37万円だと仮に定年後に25年間生きたと仮定すると、37万円×12ヶ月×25年で約1億円が必要となります。

ゆとりある老後を送りたいのであれば、この金額を目安として長期投資を始めると良いでしょう。

なぜ目標が大切なのかというと、欲が出てしまうからです。1億円の資産が出来たらきっちりと辞めるようにしましょう。

理由は資産が大きくなると、その分の損失も大きくなるからです。こういった理由から、長期投資を始める場合は、いくらの金額を目標するのかという点を考え方として持っておきましょう。

Posted in 投資・財テク | No Comments » |